太宰治を読んでいたあの頃の自分に

「太宰治を読んでいたあの頃の自分に」の有益情報をお届け!

ネットで稼ぐ初心者でも着実に稼げる楽々最強マニュアル

ネットで稼ぐ初心者でも着実に稼げる楽々最強マニュアル

2009年06月22日

太宰治を読んでいたあの頃の自分に



最近、生誕100周年記念ということで


作家
太宰治がまた脚光を浴びてきたようですが





19〜20才の頃に太宰治は全集読んでいて


大がつくほど大ファンでした。


あの頃は
職を転々としていた時期でもあり


また
人生にすたれきっていた時期でもありました。



実家帰ってきて
紆余曲折を経てまともな職につくも


給料は安いし

家庭問題のこともあり


悩みごといろいろ抱えて

自律神経失調症にもなりました。


もし


今こうして
ネットビジネスに出会わなかったら


今頃どうしてたのかな?


仕事辛かったし・・


人生に疲れきってたし・・・


いい出会いとかもなーんもなくて

何もかもに嫌気さしてたし・・・


太宰治に

『ダスケマイネ』

っていう短編があるんですが、


タイトルの意味は

「だからダメなんだよ」っていう意味です。


津軽弁で「んだすげ、まいねって」とか言うんですけど、



ダメとか言ってられません。


つらくても人間生きてなんぼですから。


太宰はついには自分で命を絶ってしまいます。

『グットバイ』

という小説を連載している最中に、


浮気相手の女と心中してしまいます。


ほんとどうしようもない作家、

太宰治

なんですが

多くの人をひきつけてやまないのも事実です。


19歳の頃にハマった作家


太宰治


僕は今年で32歳になるけれど



太宰が生きた39歳をはるかに超えて


僕の親父が死んだ60歳もはるかに超えて



もっともっともっと長生きするつもりです。



大切な妻と一緒に、


ずっと長くいつまでも。――





って今話題になっている太宰治のこと書けば
アクセスアップどれくらいするのかな?

って検証しようとしたら


こんな感傷的・センチメンタルなこと書いてしまいました笑。



ネットビジネスになんも関係ないこと書いてしまい
申し訳ありません笑。



結局、
今日は何が言いたかったのか
自分でもよくわからないかんじで

オチがないんですが、

ほんと申し訳ありません笑泣。


あっ、

ひとつ、


妻を愛してる系のこと
普通の日記系のブログに書くと
必ずアダルト系のトラックバック攻撃くらいますので

ネット初心者の方に

そういったブログに
グーグルアドセンス記事貼っている場合、

そのトラックバックに影響されて

普通の日記系ブログに

エロ系のアドセンスが貼られるハメになるので

気をつけて

そういったアドセンス系ブログでは

トラックバックは受け付けない、
に設定しておきましょう。


ってあれ?

やっとこれで
ネットビジネス系ブログに戻りましたね。


ほっ^^



posted at 20:13
Comment(0)
カテゴリー:その他
エントリー:太宰治を読んでいたあの頃の自分に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。